コーチ、コンサルタント、セラピスト、士業といった、「自己商品型ビジネス」の起業家へ…コーチングと集客のプログラムを通して、集客・売上・成長をサポート

エグゼクティブコーチとは?

yagikazu
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yagikazu
コーチングと集客を両輪にしたプログラムで、あなたを売れる起業家へ導きます。『見込み客を虜にするSNS”超”集客×エグゼクティブコーチング』

エグゼクティブコーチとは?

 

エグゼクティブコーチについて話す前に、

そもそもコーチとは何なのか?

 

「コーチ(Coach)」の語源は「馬車」です。

 

馬車の役割は、

「大切な人を、その人が望むところまで送り届ける」

ということです。

 

そこから派生したコーチングは、

「人の目標達成を支援する」という意味で

使われるようになりました。

 

スポーツの世界では、選手には必ずコーチがいます。

選手の能力を最大限に引き出し、

最高のパフォーマンスを発揮するために、

コーチは必要不可欠な存在です。

 

欧米では、スポーツ以外の分野、

ビジネスにおいても、経営者がコーチをつけるのは

もはや、あたり間になってきています。

 

日本でもその波が広まりつつあり、

一般的にもビジネスにおけるコーチの認知度が

高まってきています。

 

なぜコーチが必要とされるのか?

 

それでは、そもそも、ビジネスにおいて、

経営に携わっていなければ、コーチは必要ないのか?

というと、そういうことではありません。

 

コーチが行うコーチングとは、

「自発的行動を促進するコミュニケーション」です。

なので、コーチは相手に、

 

新しい気づきをもたらし、

視点を増やし、

考え方や行動の選択肢を増やし

目標達成に必要な行動を促す

 

ための効果的な会話を引き出します。

 

重要なのは、コーチが相手に対しそれらを

先導したり強制したりするのではなく、

相手が主体性を持ちながらそれを実現する

ことにあります。

 

例えば、会社での場面を想像してみてください。

多くの場合、上司と部下は「教える・教えられる」

という関係が成り立ちます。

 

しかし、もしこの関係性が

上司がコーチ、部下がクライアントだったら

どうでしょうか?

 

コーチ(上司)はクライアント(部下)に対して、

「自発的行動を促進するコミュニケーション」

によって、目標を設定し、成果を達成していくための

パートナーシップが構築されます。

 

「教える・教えられる」関係性と

「自発的行動を促進するコミュニケーションによる

パートナーシップが築かれる」関係性では、

どちらの方が高い成果を達成できるでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
yagikazu
コーチングと集客を両輪にしたプログラムで、あなたを売れる起業家へ導きます。『見込み客を虜にするSNS”超”集客×エグゼクティブコーチング』

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です